女性であるならば、利便性だけでなく夜道も安全な場所に建つ賃貸物件に住みたいと考えるものです。

賃貸を探す場合にはネットで調べて

賃貸を探す場合にはネットで調べて

女性が賃貸物件を探す時は

女性であるならば、利便性だけでなく夜道も安全な場所に建つ賃貸物件に住みたいと考えるものです。住みたい街が見つかったら、その街の夜22時の状況がどうなっているか調べてみましょう。女性はひったくりに遭遇しやすいと言われていますが、ひったくりが多発する時間帯は、夜22時前後と言うデータがあります。つまり、その時間に住みたい街を歩いてみて人通りが多かったり、明るい街ならば安全度は高いです。夜22時に暗いのはどう言う街かと具体的に言うと、住居専用地域はその時間帯は暗いと言うことが言えます。

特に、一番規制が厳しいとされる第一種低層住居専用地域には、コンビニすら建てることができません。コンビニは24時間買い物できると言う便利さだけでなく、犯罪抑止の役割も持っています。第一種低層住居専用地域にはコンビニが存在しないと言うことは、夜道で不審者に後をつけられているかもと思っても、コンビニに逃げ込むことができません。第一種低層住居専用地域は閑静な住宅街であることがほとんどなので、明るい時間帯はゆったりと生活できますが、夜道の防犯面には少し疑問があります。女性はなるべく防犯のことを優先して物件を探しましょう。