敷金と礼金は賃貸物件だけにしかない独自の契約金の一部です。敷金は保証金、礼金は謝礼金という性質があります。

賃貸を探す場合にはネットで調べて

賃貸を探す場合にはネットで調べて

住まいを賃貸するときに必要なお金

どんな住まいでも借りるときに少なからずお金がかかります。住まいを借りることを賃貸といい、マンションやアパートなどの賃貸物件は全国に沢山建っています。賃貸だけにしかない、賃貸独特にある契約にかかる費用が、「敷金」と「礼金」です。敷金は、その住まいを借りるにあたって、大家さんに手渡しておく保証金です。あくまでの保証金なので、住まいを引き払うときに返金されます。ただし、全額返金されるとは限らず、部屋の修理費などが引かれる可能性があります。全額返金してもらうには、なるべく部屋を汚さないように気を付けて住むことです。

礼金は住まいを貸してくれた大家さんに「この度はありがとうございます」という感謝をこめて支払う謝礼金です。謝礼金なので退去しても返金されることはないです。もともと戦争直後、住まいを借りるのもやっとな時代に、部屋を貸し出してくれた大家さんに感謝のしるしとして支払っていたお金が習慣として残ったものですが、今は戦争直後と違って物件数が無数にあり、誰でも気軽に部屋が借りれる時代です。むしろ大家さんのほうが空き室ばかりで困っているぐらいです。そうした事情もあり、今は礼金なし物件も増えてきています。