賃貸契約をするまでには、下見や審査などの工程があります。また、契約を結んでもすぐに入居できないこともあります。

賃貸を探す場合にはネットで調べて

賃貸を探す場合にはネットで調べて

賃貸物件を借りるまでの工程

おそらくほとんどの人が人生の中で初めて不動産会社を利用するのが、賃貸アパートなどの賃貸物件を借りるときだと思います。生まれて初めての一人暮らしにワクワクしながら部屋探しをして、下見から賃貸契約に至るまで、不動産会社にお世話になることになります。賃貸契約に至るまでは、さまざまな工程があります。まず部屋の下見があります。下見とは借りたい部屋の内部を見せてもらうことです。不動産会社の担当者が現地まで案内し、部屋の内部の広さ、間取り、設備などの説明をしてくれます。

気に行ったらすぐに入居できるわけではなく、入居申込みをして審査を受ける必要があります。審査後にあるのが賃貸契約です。賃貸契約は不動産会社のカウンターで行います。賃貸の借り主として守るべきこと、条件面などをよく確認して、不満点があったら担当者と交渉をして条件をまとめていきます。家賃の前払い分や、火災保険料、敷金と礼金などの支払いもこのときに済ませます。賃貸契約が無事に終わっても、ハウスクリーニングや設備のメンテナンスなどがあり、それが終わるまで入居できないこともあります。すぐに入居できる賃貸には、基本的に「即入居可」という記載があります。