不動産会社には、賃貸物件を多数取り扱っている全国区の大手の会社と、地元に密着した個人経営の会社があります。

賃貸を探す場合にはネットで調べて

賃貸を探す場合にはネットで調べて

賃貸探しで利用する不動産会社の種類

賃貸を取り扱っている不動産会社は全国にいくつもありますが、大手の会社と地域密着の会社の二種類に分けることができます。どちらの種類を利用したほうがいいかですが、どちらにもメリット・デメリットがありますので、まずはそれを理解することが大事です。コマーシャルなどで名前が知られている大手だと賃貸物件数が豊富であることが大きなメリットです。ネットで部屋探しができるのも大手の不動産会社の魅力です。店舗は駅前や大通りに面したところにあり、ガラス張りで開放感があって女性でも利用しやすいようになっています。ただし、社員の入れ替わりが激しいので、あまり物件に詳しくない新人スタッフが担当になってしまうリスクがあるのがデメリットです。

一方、地域密着型の不動産会社は個人で営業していて、地元の不動産に詳しい情報ツウのスタッフが揃っています。大手だと見つからないお得な物件が見つかることもあり、何回か通って店長と親しくなれば、良い物件を探し出してくれて、さらに条件交渉で融通が利くこともあります。ただし、店舗は古臭くて入りづらい雰囲気があり、初心者だと入るのに勇気が入ります。それに物件数が限られているため、いい物件に巡り会えるかどうかは運次第と言えます。